2011年07月30日

ブランクダイバー復活応援ブログ:第6回(^0^v

タンクセッティング
今日は前回に続き、タンクベルトの通し方の説明を
書き込んで行きたいと思います(前回分はカテゴリーから見れます)

前回の続きで一番外側の穴にベルトを通したら折り返すように
左側にベルトを引っ張ります。(写真上段)

(中段写真)更にベルトを引っ張り、バックルを寝かせて完了
この時に注意してほしいのがバックルがパチンと勢い良く
倒れる(締まる)ので指などを挟まないようにしてください
端の余った部分はマジックテープになっているので留めます

その後、ベルトに緩みが無いかをチャックする為に
(下段写真)ハーネスor取っ手でタンクを持ち上げてみます
この時に、ずれそうなら再度バックルを外して付け直しをしてください
そのままだと潜った時にタンクが外れる可能性もありますので(^^;
注意点:持ち上げる時に腰に負担が掛からない様にしてください
次はいよいよレギュのセッティング方法に入って行きます。

(注:セッティングetcは当店オリジナル、他にも方法は沢山あります) 

☆当店では随時開催していますがSSI・PADI・NAUI・CMAS等の
 指導団体に関係なくお住まい近くのダイビングスクールに少し勇気を
 出して入ってみてください、リフレッシュコースを開催している店は多く
 不安を吹き飛ばすインストラクターが丁寧に対応してくれますよ♪

 潜る機会を逃した方が1人でも復活!潜る切っ掛けになれば幸いです☆
(当店はブログを見たと言ったらリフレッシュコース代は無料で応援)

フリーダイヤルイメージ





posted by whaleshark at 15:47| 兵庫 ☁| Comment(0) | ブランクダイバー応援企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ブランクダイバー復活応援ブログ:第5回(^0^/

タンクセット

今日は前回に続き、タンクベルトの通し方の説明を
書き込んで行きたいと思います(前回分はカテゴリーから見れます)

前回の続きで真ん中の穴にベルトを通したら折り返すように
手前の穴にベルトを通します(写真上段)

次に(中段写真)ベルトを引っ張り、絞めてたるみをとります
この時に注意してほしいのが上下のベルトが綺麗に重なる様に
してください。ずれているとバックルが外れる原因になります。

その後、バックルを起こすとベルトを押さえるので緩みもなくなり
最後の一番外の穴に通します(下段写真)飛び越しで続く

(注:セッティングetcは当店オリジナル、他にも方法は沢山あります) 

☆当店では随時開催していますがSSI・PADI・NAUI・CMAS等の
 指導団体に関係なくお住まい近くのダイビングスクールに少し勇気を
 出して入ってみてください、リフレッシュコースを開催している店は多く
 不安を吹き飛ばすインストラクターが丁寧に対応してくれますよ♪

 潜る機会を逃した方が1人でも復活!潜る切っ掛けになれば幸いです☆
(当店はブログを見たと言ったらリフレッシュコース代は無料で応援)


フリーダイヤルイメージ



posted by whaleshark at 20:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | ブランクダイバー応援企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。